【解説】オーダーメイドで照射できるハイフはウルトラセルQプラス!

エスちゃん

1.ハイフの種類について知りたい
2.ウルトラセルQプラスに興味がある
3.ハイフの施術を受けてみたい

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. ハイフの効果
  2. ウルトラセルQプラスについて解説
  3. 他のハイフとの違い

この記事を書いている私院長の廣瀨は、ハイフ症例数:日本一達成・ハイフ施術件数:年間500件以上・糸リフト症例数:年間200件以上の実績を持っております!特に、ドクターハイフやヒアルロン酸、ボトックスは是非お任せください。その他の施術に関してもお気軽になんでもご相談下さい!

今回はこういった僕が解説していきます。

ハイフってどんな施術なの?

ハイフは別名「切らないたるみ治療」といわれている施術です。

高密度焦点式超音波という超音波を使って皮膚を切らずにたるみを改善します。超音波がたるみの原因である「SMAS筋膜」という皮膚の奥深くにある筋膜を刺激してたるみの原因へアプローチしていきます。SMAS筋膜へレーザーや高周波は届きません。

そのため、たるみを改善したければハイフを受けていただくことをおすすめします。

ウルトラセルQプラス

当院では「ウルトラセルQプラス」という機材を使用しています。

ウルトラセルQプラスは、4つの深さのカートリッジ(1.5mm、2.0mm、3.0mm、4.5mm)を使って、真皮から皮下組織に熱エネルギーをあてます。

たるみの治療はもちろんのこと、小ジワやほうれい線、肌の弾力などさまざまな効果が期待できます。

実際効果ってあるの?

結果から申し上げると「ハイフはたるみ治療にとても効果的」です。

皮膚を切るたるみ治療のように目に見えるものはありませんが、施術後から2〜3ヶ月後にかけてたるみ改善効果を実感いただけます。

ハイフがどのような仕組みかは下記のとおりです。

ハイフの仕組み
  1. 超音波の熱エネルギーでSMAS層内のたんぱく質が凝縮することで引き締まる
  2. 傷ついた組織が自然治癒によって修復され、コラーゲンの再生が促進される

ハイフは照射による引き締めと、自然治癒によるコラーゲン再生によって肌が引き締まります。

たるみの状態や個人差によりますが、施術後すぐに実感する場合もあれば、術後2〜3ヶ月かけて肌が引き締まったと感じることもあるでしょう。

また顔のたるみの原因についてはこの記事で解説をしているので、たるみに悩まれている方リフトアップをしたいという方は必須の記事となっています。

ハイフのメリット・リスク

「ハイフの仕組みや効果はわかったけど、メリットもデメリットもあるでしょ…?」
「ハイフに興味はあるけど、少し不安がある」

そのような方に安心していただくために、ハイフのメリットとデメリットをお伝えします。メリット・デメリットにご納得いただけましたら、ぜひ一度S clinic kyoto(エスクリニック京都)にお越しください。

ハイフのメリット
  • 傷跡を残さずリフトアップできる
  • 1回の施術でも効果が期待できる
  • 小ジワやほうれい線への効果が期待できる
  • 肌にツヤが出る
  • 小顔効果

ハイフのメリットは、傷跡を残さずにリフトアップ、小顔効果が期待できるところです。くわえて、皮膚の奥でコラーゲンの再生が促されることから肌のツヤもアップします。

京都のクリニックの中で一番効果を実感していただけるように力を尽くしますので、ぜひご指名ください!

ハイフのリスク
  • 乾燥しやすくなる
  • 赤みが出ることがある
  • 痩せこけて見えてしまうことがある
  • 痛みが出ることがある
  • 紫外線の影響を受けやすくなる

ハイフは基本的にダウンタイムはありませんが、まれに乾燥や赤み、痛みなどのリスクがあります。また、痩せこけて見えてしまい顔のバランス悪くなるケースがあります。

これらの原因は医師が超音波の出力量や打つ場所をきちんと理解できていない場合がほとんどです。

僕、S clinic kyoto(エスクリ)廣瀨はハイフを年間500件対応していて、患者様一人ひとりに合わせた施術を得意としています。ぜひ、京都でのハイフなら廣瀨にお任せください!

効果的なハイフの頻度

ハイフの効果やメリット・リスクについてお伝えしましたが、「効果的にハイフを続けていくにはどうしたらいいの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

当院で使用している機器は、一度の施術でも効果を実感しやすいものになっています。より効果的に継続して続けていくためには、半年〜1年に1度の施術をおすすめしております。

しかし、患者様一人ひとりの状態によって異なりますので、詳細はカウンセリング時や施術時にお問い合わせください。

ドクターハイフは僕が考案しました!

実は、「ドクターハイフ」というメニューは僕が考案したメニューなんです!

ハイフ業者とのやりとりや研究を通じて、ドクターの技術とナースの技術には違いがあるのではないかと感じました。やはりドクターは手術をはじめ、さまざまな施術に慣れていますし「ドクターに任せる方が安心」という患者様もいらっしゃるのではないかと思いました。

もちろん施術者にこだわりがない方やご予算によってはナースハイフを選択される方もいらっしゃいますし、ナースの腕が悪いことは決してありません。

僕はドクターとして、技術面にあるからこそ「ドクターハイフ」という言葉を広めていきたいと考えています。

ドクターハイフ

ドクターハイフは、医師が患者様の状態を見ながら高出力で行う施術です。看護師の施術であるナースハイフと比べるとコストがかかる場合はありますが、医師がたるみの度合いや脂肪のつき方、顔のコケに合わせてのオーダーメイドの照射をいたします。

「安全性や効果を心配せずにハイフしたい!」という方におすすめです。

ナースハイフ

ナースハイフは、医師の管理を元に看護師がハイフの施術を行います。医師が患者様の様子を見ながら看護師へ指示しますので、基本的に安全性や効果にも問題はありません。

そのため、施術を低価格で抑えたい人や、施術者にこだわりのない方にぴったりの施術です。

当院では、患者様のご要望に合わせた施術メニューをご提供しています。細かい施術の希望がある方はドクターハイフを、まずはハイフを試してみたいとう方はナースハイフを試してみてはいかがでしょうか。

些細な質問も丁寧に回答させていただきます。

HIFU(ハイフ)

HIFUとは、部位を瞬間的に高音にすると肌内部にダメージが起こす施術です。小顔になりたい方・目元や口元、フェイスラインのたるみが気になる方・今からたるみ予防したい方におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

S clinic kyoto(エスクリニック京都)のハイフ(ドクターハイフ・ナースハイフ)では、高出力の超音波を皮膚深くにあるSMAS層内のたんぱく質が凝縮することで、表面、内部の引き締まりを感じていただけるとともに、傷ついた組織が自然治癒によって修復され、コラーゲンの再生が促進されることで効果を実感いただけます。

また、たるみの改善だけでなく、肌の小ジワやほうれい線のお悩み、ハリ・弾力などさまざまなお悩みにも対応しています。

ドクター、ナースそれぞれの施術によって費用も変わってきますので、ぜひ一度お問い合わせください。

S clinic kyoto(エスクリニック京都)では、地域の方々から信頼される美容皮膚科クリニックを目指し、患者様ひとりひとりに合った、最適な治療を提供しております。特に、ドクターハイフやヒアルロン酸、ボトックスは是非お任せください。

予約方法

当院は完全紹介制の美容皮膚科クリニックです。

新規枠の開放は今後も毎月数回開催する予定です。(不定期)
まだクリニックに来院されていない方は患者様のご紹介か新規枠の開放をお待ち下さい。

一度でも来院されたことがある方は下記の公式LINEよりご予約下さいませ↓

PAGE TOP