【危険】糸リフトとハイフは併用できない!?

たるみの改善や、リフトアップは年齢を重ねるごとに感じるお悩みの一つ。できるだけ早くきれいになりたいって思いますよね。今回は、当院が施術しているたるみ改善治療の糸リフトについて解説します。

エスちゃん

糸リフトとハイフを併用できるの?
糸リフトと併用して行えるその他のしわ、たるみ治療はあるの?
糸リフトとハイフのどちらがたるみに効果的な施術なの?

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  1. 結論:糸リフトとハイフは併用できます。
  2. 糸リフトと併用して行えるその他のしわ、たるみ治療について
  3. 糸リフトとハイフのどちらがたるみに効果的な施術なのか

この記事を書いている私院長の廣瀨は、ハイフ症例数:日本一達成・ハイフ施術件数:年間500件以上・糸リフト症例数:年間200件以上の実績を持っております!特に、ドクターハイフや糸リフト、ヒアルロン酸、ボトックスは是非お任せください。その他の施術に関してもお気軽になんでもご相談下さい!

今回はこういった僕が解説していきます。

糸リフトとハイフの併用を考えている人はぜひチェックしてみてくださいね。

結論:糸リフトとハイフは併用できます。

糸リフトとハイフは併用できます。

しかし、糸リフトを受けた1か月後からハイフを受けるのをおすすめします。詳しくはコチラの記事に書いてありますので良かったら見てみてくださいね。(リンク)

糸リフトにはダウンタイムがあり、大体約1か月は顔の腫れが残るのでスケジュールを組み立てる際は注意が必要です。人によっては、施術後1か月が経過しても腫れが落ち着つかない場合もあるので、その場合は、ダウンタイムの腫れが落ち着いたらハイフは受けましょう。

もし、強いご希望がある方は同日にハイフと糸リフトを受けることも可能です。

しかし、注意したいのが、糸リフトをうけた直後にハイフを行うと、入れた糸が切れてしまう恐れがあります。ですので、スケジュール等でどうしても同じ日にハイフと糸リフトを受けたいとお考えの方はハイフ→糸リフトの順番で受けると良いですね。

ハイフはメスを使わないので、糸リフトよりも気軽にできます。
この手軽さも、リフトアップのメンテナンスとしておすすめのポイントです。糸リフトとは違い個人差はありますが、ダウンタイムはほとんどありません。忙しい毎日を送る方のご褒美として受けるのもいいですね。

糸リフトとハイフの併用を同じ日にしたいという方は、ハイフを先に行ってから糸リフトを行います。その後のハイフを受ける周期は3か月~6か月ごとに受けると、持続した効果を感じられるでしょう。

糸リフトと併用して行える、その他のしわ・たるみ治療の具体例

糸リフトとハイフの併用のように、他にもしわやたるみ治療で併用できる施術があります。

ここからは、併用できる施術の具体例をまとめていきます。

ハイフとエラボトックス

1つ目の併用は、ハイフとエラボトックスです。ボトックスは、注入した部分の筋肉の働きを緩める効果や筋肉が縮小する効果があります。この働きによって、表情によってできる細かいしわが目立たなくなり、エラ部分の筋肉が縮小して小顔効果があります。

ボトックスの効果について更に詳しく見たい方はコチラの記事がおすすめです。

HIFU(ハイフ)
ボトックス
ハイフとヒアルロン酸

2つ目は、ハイフとヒアルロン酸の併用です。

こちらも、ヒアルロン酸を入れることでハイフの持続効果が伸び、細かいしわやたるみに効果があります。

HIFU(ハイフ)
ヒアルロン酸
糸リフトとヒアルロン酸

3つ目は糸リフトとヒアルロン酸の併用です。糸リフトは、頬に糸を入れリフトアップをしますが、目元や口元のしわやたるみには効果はありません。

ヒアルロン酸は安全性が高いものが多く、お顔の状態を見ながら少量ずつ注入できます。細かく調整できるからこそ、笑ったときの目元や口周りの細かいしわを改善するだけでなく、自然な表情を作りたいと思う方のニーズにも合っています。

糸リフト
ヒアルロン酸

糸リフトとハイフのどちらがたるみに効果的な施術なのか

エスちゃん

『顔のたるみにより効果的なのは、糸リフトとハイフどちらなの…?』

と悩んでしまう人もいると思います。糸リフトとハイフは、どちらもたるみに効果のある施術です。糸リフトとハイフは、施術の内容が異なるのでそれぞれ違う方向からたるみ改善・予防にアプローチをかけています。

糸リフト

糸リフトは、糸リフト自体の効果が薄くなってきた頃から、糸を入れた部分から自分のコラーゲンを生成してくれます。この働きが、リフトアップ効果を持続させてくれるのです。

物理的に糸でフェイスアップをし、その後自身のコラーゲンでフェイスアップをした状態でキープをするというイメージですね。

ハイフ(HIFU)

ハイフは、受けるとたるみ予防の効果があります。糸リフトと併用してリフトを受けると、長期間のリフトアップ効果を感じつつたるみの予防になります。

このように糸リフトとハイフはそれぞれ違う良さがあり、どちらもたるみに効果的です。どちらの効果も得たい場合は併用するとどちらの効果も感じられるのでおすすめです。
糸リフトとハイフについては、こちらの記事に詳しく書かれているので詳しく知りたい方は是非チェックしていてくださいね。
糸リフトとハイフの違いとは?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

S clinic kyoto(エスクリニック京都)での、 糸リフトとハイフの併用について解説しました。

糸リフトとハイフは併用して受けられ、併用することでより良い効果を感じられます。できる限りたるみやしわを作りたくないという方は、是非併用して施術を受けることをすすめします。

その他にも、アンチエイジングとしてたるみやしわに効果的な施術は沢山あるので悩んでいる方はぜひご相談ください。

定期的に美容施術を併用して、いつまでも若々しく美しくいましょうね。

S clinic kyoto(エスクリニック京都)では、地域の方々から信頼される美容皮膚科クリニックを目指し、患者様ひとりひとりに合った、最適な治療を提供しております。特に、ドクターハイフや糸リフト、ヒアルロン酸、ボトックスは是非お任せください。

予約方法

当院は完全紹介制の美容皮膚科クリニックです。

新規枠の開放は今後も毎月数回開催する予定です。(不定期)
まだクリニックに来院されていない方は患者様のご紹介か新規枠の開放をお待ち下さい。

1度でも来院されたことがある方は下記の公式LINEよりご予約下さいませ↓

PAGE TOP