メトホルミンとNMNの違いとは?人気のエイジングケア療法を徹底解説

メトホルミンとNMNは近年、注目されている人気のエイジングケア療法です。

これらの言葉を聞いたことはあるけど、実際はどのような成分なのか、何に効くのかいまいち理解していないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、メトホルミンとNMNそれぞれの効果やどのような人におすすめかについて解説します。

またメトホルミンとNMNの違いについても紹介していますので、話題のエイジングケア療法が気になる、試してみたいという方はぜひチェックしてみてください。

メトホルミンとは?

まずはメトホルミンとNMNの違いを解説する前に、そもそもメトホルミンとは何かについて解説していきます。

メトホルミンはもともと糖尿病の治療薬

そもそもメトホルミンとは糖尿病の治療に使われる薬です。糖尿病は血糖値を下げるインスリンの分泌不足や異常によって引き起こされます。

具体的にはインスリンの量が少なくなっている、もしくはインスリンの量は十分であるが、インスリンの効き目が弱くなってしまう場合が挙げられます。

中でもメトホルミンはインスリンの効き目が弱くなっている症状に用いられる薬で、インスリンが効きにくい状態を改善させることで糖尿病を治療します。

この機能は近年、糖尿病の治療ではなく、美容効果を得るためにも使われています。メトホルミンを使用することで脂肪を燃焼させやすくなり、若々しく引き締まった体へ近づくことが期待されています。

メトホルミンの摂取方法

メトホルミンは内服薬ですので、用法用量を守って適切に服用します。

なお糖尿病の治療のために使われる場合と、肥満治療や美容効果を得るために用いる場合では飲み方が異なります。

メトホルミンはサプリメントではなく治療薬ですので、服用の際は必ず医師の診断のもと、正しく服用しましょう。

NMNとは?

続いて、そもそもNMNとは何かについて解説します。

NMNはビタミンの一種

NMNの正式名称は「ニコチンアミドモノヌクレオチド」です。ビタミンB3から生成される物質で、元々人間の身体でも自然に作られています。

NMNは老化に関わるサーチュイン遺伝子を活性化させ、臓器や肌細胞の修復、体力や免疫力の向上など身体を若々しく保つのに重要な役割を担っています。

しかしNMNは年齢とともに生成量が減少し、それにより身体機能・認知機能の衰えが進んでしまうと考えられています。

引用:高須クリニック

H3:NMNの摂取方法

ビタミンB3から生成される物質のため、多少は食材から摂取することも可能ではあります。

しかし、例えば100mgのNMNを摂取するにはブロッコリー40kgが必要となり、必要なNMNをすべて食事から摂取するのは現実的には不可能とされています。

そこで効率的にNMNを摂取する方法として採用されているのが、サプリメントと点滴です。手軽に摂取したい方はサプリメント、できるだけ効果を実感したい方は点滴がおすすめです。

引用:高須クリニック

メトホルミンとNMNは何が違う?

続いて、エイジングケア療法として人気のメトホルミンとNMN、それぞれの違いについて解説します。

メトホルミンとNMNの違い

メトホルミンは前述のとおり、もともとは糖尿病の治療薬のため、特にスタイルアップしたい方や引き締まった身体を目指したい方に向いているエイジングケア療法です。

特にメトホルミンは単に食欲を抑えて痩せさせる薬ではなく、身体のエネルギー量をコントロールする酵素を活性化させるため、筋肉量の増加につながり、健康的で引き締まった身体を目指せます。

NMNは老化に深く関わるサーチュイン遺伝子を活性化させるため、引き締まった身体作りや肌のツヤ・キメの向上に寄与します。

また見た目の変化だけでなく、認知機能や睡眠の質などにも効果があるとされ、美容だけでなく身体全体のエイジングケアを行いたい方に向いています。

効果を実感したければ併用もおすすめ

エイジングケアの効果をしっかりと実感したいかたは、メトホルミンとNMNを併用することをおすすめします。

メトホルミンとNMNを併用することで、見た目と内面の若々しさ両方を実感でき、相乗効果でより高い効果を感じられる可能性が高まります。

メトホルミンとNMNに関する注意事項

最後にメトホルミンとNMNに関する注意事項を紹介します。

服用できない人がいる

メトホルミンとNMNは誰でも服用・摂取できるものではありません。特にメトホルミンは、妊娠・授乳中の方、糖尿病の方、心不全・心筋梗塞の方など既往歴によっては服用ができません。

NMNはビタミンの一種のため、メトホルミンと比べれば制限が少ないですが、まだ研究が進められているものですので、服用・摂取の際には必ず問題ないか医師に相談してください。

用法用量を守る

メトホルミンとNMNは必ず用法用量を守って服用してください。これらは過剰に摂取したからといって効果が高まるものではありません。

むしろ思わぬ副作用が発生する可能性がありますので、医師の指示に従って服用するようにしましょう。

メトホルミンとNMNを活用していつまでも若々しくいよう

メトホルミンとNMNは近年注目されているエイジングケア療法です。

引き締まった身体や肌ツヤ、認知機能などを向上させ、いつまでも若々しくいたいと考えている方にはおすすめです。

ただし、メトホルミンとNMNだけに頼るのではなく、適度な運動やバランスの良い食事を心がけ、上手にエイジングケア療法と付き合っていきましょう。

当院でもメトホルミン・NMNに関するご相談を承っております。当院に一度でも来院されたことがある方はぜひLINEよりお問い合わせください。お待ちしております。

PAGE TOP