糸リフト直後の腫れはどのくらい?ダウンタイムや注意点を解説

「年齢とともにフェイスラインがもたついてきた」「でも切るたるみ治療はしたくない」そんな方に人気の施術が糸リフトです。

糸リフトは専用の糸でたるみを引き上げるため、ハイフやレーザーなどよりもしっかりとした効果が期待でき、かつ切開リフトのような長いダウンタイムはありません。

良いとこどりのような施術に思える糸リフトですが、施術直後は思ったよりも腫れてしまった、痛みが強かったといった声もあります。

そこで今回は糸リフトの直後に起こる症状や、ダウンタイムについて詳しく解説していきます。糸リフトを受けたいけど仕事の合間に受けられるか気になる方、できるだけバレずに受けたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

糸リフトとは

糸リフト直後の腫れやダウンタイムについて解説する前に、まずはそもそも糸リフトとはどのような施術なのか、適応がある人のタイプなどについて説明します。

施術方法

糸リフトは静脈麻酔または局所麻酔を行った上で、専用の糸を数本頭皮やこめかみから挿入し、フェイスラインを物理的に持ち上げます。

また挿入する糸には複数の種類があります。まず大きな違いは溶ける糸か溶けない糸かです。

溶けない糸は溶ける糸と比べて長い持続期間が期待できる一方で、効果がなくなった後も異物感が残ります。

溶ける糸は、一定期間でリフトアップ効果は消失しますが、溶けた部分にコラーゲンが産生されるため、今後のたるみの予防効果も見込まれています。

さらに溶ける糸の中にも持続期間が長いもの、短いもの、トゲがついているものなど、様々な種類があり、予算や好みに応じて選択できます。

適応

糸リフトはたるみが軽度~中度で、さらに定期的に施術を受けられる予算がある方に向いています。

逆にたるみが進行しており、フェイスラインがかなり垂れ下がっている場合は、皮膚や組織を切る必要があるため、糸リフトよりも切開リフトが適応となります。

また組織の総面積は変わらないため、若い方でフェイスラインのもたつきがたるみではなく脂肪が原因の場合は、脂肪を取り去る脂肪吸引や脂肪溶解注射が適応となります。

糸リフトの施術直後に起こる主な症状

続いて、糸リフトの施術直後に起こる主な症状について解説します。ダウンタイムが心配な方は事前にチェックしておきましょう。

腫れ

糸リフトの施術直後の症状として最も気になる方が多いのが腫れです。特に当日は麻酔の影響でより腫れが顕著に現れます。

たるみを持ち上げた頬骨まわりが腫れて目立つように感じる場合が多く、逆三角形の輪郭になることもあります。

痛み

糸リフトは、思っていたよりも痛みが強く出る場合もあります。糸を挿入した箇所が痛んだり、頭全体がズキズキとする可能性もあります。

むくみ

施術後は腫れだけでなく高い確率でむくみ感が気になる場合もあります。ただし、切開を伴う施術ではありませんので、パンパンにむくむようなことはありません。

内出血

糸の挿入箇所に内出血が出るケースも多くあります。しかし、糸リフトはこめかみや頭皮から挿入するため大きく目立つようなことはなく、また翌日以降はメイクでカバーもできます。

内出血は紫色から数日かけて黄色くなっていき、1週間から2週間で消えていきますので、内出血が出てしまった場合は気長に待ちましょう。

糸リフトの施術直後に注意すること 

続いて、糸リフトの施術直後に注意することを解説します。

安静にして冷やす

まず前提として、糸リフトの直後は安静にして患部をできるだけ冷やしましょう。

施術後は体に負担がかかっていますので、安静にすることで回復が早まります。また適度に冷やすことで、翌日以降の腫れが軽減される場合もあります。

腫れを増進する行動を避ける

糸リフト直後は、激しい運動や入浴、サウナなど腫れを増進する行動は避けましょう。

これらの行為は腫れだけでなく、血行が良くなり痛みが強く出てしまうこともありますので直後だけでなく、1週間程度は控えたほうが良いでしょう。

口を大きく開けない 

施術直後は口が開けにくくなりますが、無理して大きく開けないようにしましょう。口を大きく開けてしまうと、痛みが強くなったり、糸が切れてしまうリスクがあります。

できるだけ食事は小さく刻み、少しずつ食べるようにしましょう。

糸リフトで後悔しないために気をつけること

最後に糸リフトで後悔しないために気をつけることを紹介します。これから糸リフトを受けようと考えている方はぜひチェックしてください。

症例を確認する

糸リフトは施術者によって効果の程度や持続期間が大きく異なる施術です。事前に症例を確認し、技術力の高いドクターを選びましょう。

直後だけではなく、3ヶ月後、6ヶ月後の写真もできるだけ確認しておくとベターです。

無理なオーダーをしない

とにかくリフトアップしたいからといって、可能な限り思いっきり引き上げるようなオーダーは避けたほうが無難です。

直後はカマキリのような不自然な輪郭となる上に、対抗する力が強くなるため、強く引き上げたからと言って効果の持続期間が長くなるわけではありません。

高い効果がほしい場合は、糸の本数を増やしたり、施術の頻度を少し増やすなどの対応のほうがおすすめです。

糸リフトで後悔のないたるみ治療をしよう

糸リフトはハイフやレーザーなどと比較して高い効果を期待できる一方で、ダウンタイムが短く、比較的手軽に行えるバランスの良い施術です。

事前にドクターの症例を確認し、さらにダウンタイムに起こる症状や対処法を理解した上で、施術に臨みましょう。

当院でも糸リフトに関するご相談を承っております。当院に一度でも来院されたことがある方はLINEからご連絡が可能です。気になる方はぜひご相談ください。

PAGE TOP