ホクロ・イボ

ホクロ・イボmole・warts

最適施術一覧

ホクロ・イボ

エスちゃん

・顔に目立つホクロがあって気になる
・メイクをしてもホクロを隠せなくて困る
・イボができたので取りたい

ホクロやイボによる印象を変えたいと思っている方もいるのではないでしょうか。早期に解決するためにも、ホクロ・イボを引き起こす原因や要因を紹介します。

ホクロ・イボとは?

ホクロとは?

ホクロは、色素細胞といわれる茶色や黒の小さなシミができる良性のできもののことを指します。生まれつきあることもあれば、大人になってからできることもあります。

イボとは?

イボとは、皮膚から盛り上がってできた小さなできもののことを指します。イボは俗語であるため、腫瘍や疣贅(ゆうぜい)として扱われることもあります。

母斑(ぼはん)

母斑は、一般的にいうホクロのことで、皮膚の表皮基底層の部分にメラノサイトが増えた状態です。

黒や茶色の色素斑で、誰しもできたことがあるホクロといえるのではないでしょうか。

日光角化症

日光角化症は日光を浴び続けることによりでき、皮膚の腫瘍といわれます。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症は、老人性イボや老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれます。

皮膚の老化現象でできるイボで表面がザラザラしています。顔や身体どこにでもできるイボで、できる年齢も限られません

軟性線維腫(アクロコルドン)

軟性線維腫は首や脇など摩擦されるところに皮膚の突起が多数でる細かいイボで、アクロコルドンと呼ばれることもあります。

皮膚と脂肪から構成され、首や胸、わき腹などにできやすいといわれています。肌と服の摩擦や刺激、強い紫外線を浴びると首イボができることがあります。

ホクロ・イボが起こる原因

ホクロ・イボが起こる原因はさまざまですが、気をつけることで予防できる場合もあります。どのような原因があるのかを紹介します。

紫外線

紫外線を浴びることでメラニンを生成するメラノサイトを刺激してしまい、ホクロやイボができることがあります。

外部からの刺激

皮膚と皮膚の摩擦、服と皮膚の摩擦などによってイボができることがあります。

首周りや脇の下など、下着や動作が原因だといわれています。

ホクロ・イボが起こる要因

ホクロ・イボが起こる要因は外的・内的それぞれあります。
どのような要因があるのかを紹介します。

紫外線対策の不足

ホクロやイボは紫外線を原因とすることがあります。

そのため、普段から紫外線の対策を行っていないと、対策している人と比べてホクロやイボができやすくなる可能性が高まります。

肌の老化

加齢や日焼けのしすぎなど、肌が老化するとターンオーバーの周期が乱れます。

周期の乱れが続くとホクロが増える可能性が高まります。

ストレス

仕事や人間関係など、ストレスが続くと生活習慣が乱れたり活性酸素が発生します。

メラニン色素の排出機能が悪くなるとホクロやイボの原因となります。

最適施術一覧

プラズマペン

プラズマペン

プラズマペンではイオン化した気体であるプラズマがニキビ跡やシミ、黒ずみなどの老廃物を除去する施術です。ホクロやイボ、シミが気になる方・痛みの少ない治療をしたい方・ダウンタイムのない施術をしたい方におすすめです。

ご予約はこちら

電話受付: 9:00〜17:00 定休日:日曜日

LINEお問い合わせ: 24時間受付中!